フコイダンで毎日健康

フコイダンはがん予防、免疫力強化、ピロリ菌の除去、整腸作用等、様々な効能によって、健康な体の維持に効果的だと注目を浴び始めたフコイダンの商品は、少しずつ増えています。フコイダンを成分とするサプリメントも多く、利用しやすくなってきました。他にも、コレステロール、血圧の抑制作用、肝機能の向上、アレルギー緩和等、より身体によい効果が期待できる為、これからもますます人気が高まっていくことが見込まれます。

もちろん植物からの摂取が一番望ましいですが、フコイダンが豊富に含まれる食べ物は、主に海藻類で昆布、めかぶ、もずく、ひじき等があります。フコイダンは熱に強く壊れることがないので、調理した海藻からも摂取は可能ですが、実際には抽出されるフコイダンはごくわずかです。大量に海藻類を食べることはあまり現実的とは言えませんので、サプリメントを上手に利用されることをお勧めします。

フコイダン商品がこれからもっと増えると予想されますが、どれを購入したらいいか迷ってしまうかもしれません。フコイダンを構成する糖の中には、フコース、キシロース、ガラクトース等がありますが、フコイダンの成分で最も有効な成分は硫酸基です。硫酸基の含有量がどれだけあるかをチェックして購入するようにしましょう。

フコイダンの整腸作用

ピロリ菌以外にも、ストレスや食生活の乱れ等の原因で胃の病気を引き起こすことがあります。フコイダンのヌルヌル成分「硫酸基」は人の胃粘膜と同じ成分の為、胃の中に入って粘膜表面に隅々まで行き渡りコーティングします。フコイダンが浸透し、炎症を起こしていたり、薄くなっている粘膜を修復、保護してくれることによって、胃炎や胃潰瘍を修復してくれます。

フコイダンには腸内環境を整える作用もあります。現代人は胃の機能がどんどん低下していると言われていますが、フコイダンを摂取することによって硫酸基が胃の中で胃粘膜を刺激し、胃の働きを活性化させます。つまり、フコイダンは多糖類(食物繊維)の一種の為、胃で消化されずに腸まで辿り着くことができ、また、水分を沢山吸収します。その働きによって、排便を促し、スムーズに行うことができます。加えて、フコイダンは腸内で乳酸菌等によって分解され、腸内を酸性に保つ為、悪玉菌の増殖を防ぐ役割もあります。

このように、フコイダンには腸内環境を整える作用があり、お腹が健康になれば、お肌や体調にもいい影響を及ぼします。お腹の調子が良くない、いつも胃もたれしていると不調を感じる方には、フコイダンの摂取をお勧めします。

フコイダンとピロリ菌

現代病とも言える胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌にもフコイダンは有効です。ピロリ菌とは、胃の粘膜に好んで住み着くらせん形をした細菌です。胃の中には強い胃酸があり、細菌はいないと考えられてきましたが、発見されて以来、胃の病気に深い関わりがあることが判明しました。

ピロリ菌は子供の頃に感染し、一度感染すると、除菌しない限り一生胃の中に住み続けると言われています。ピロリ菌は人にとって悪い影響を与える毒素を出し、胃の粘膜の働きを弱める為、炎症や潰瘍を発症させてしまいます。ピロリ菌は胃の粘膜に好んで住み、粘液の下に潜り込んで強い酸性である胃酸からの影響を免れています。

フコイダンのヌルヌル成分に多く含まれる硫酸基は、この人の胃の粘膜を構成している物質と同じ成分です。つまり、胃の中の硫酸基と馴染みが良く、その為、フコイダンが胃の中に入ると、ピロリ菌がフコイダンの硫酸基に取り付き、そのまま腸へと運ばれ、体外へと排出されます。薬を用いてピロリ菌を除菌することなく、フコイダンを摂取することによって、ピロリ菌は自ら勝手にフコイダンに吸い寄せられて付着し、体の外へ出ていきますので、体に負荷を与えることなくピロリ菌から胃を守ることができます。

健康維持にフコイダン

最近よく耳にしたり、サプリメントの原料として注目を浴びるようになった「フコイダン」ですが、どのように体の健康維持に良いのかはまだあまり認知されていません。お腹に良い、ガンの予防効果があるというのがフコイダンの代表的な効果とされていますが、フコイダンとは何か、何故そのような効果が期待できるのか、フコイダンの特徴や効果を紹介します。

フコイダンとは、昆布やめかぶ、もずく等の海藻類に含まれるヌルヌルした成分に含まれる多糖類(食物繊維)の一種です。このヌルヌル成分には、硫酸基という成分が多く含まれ、この成分が水分を保持する働きがある為、ヌルヌルの性質を作り出しています。

フコイダンには免疫力を高める作用があり、人の体にとって重要な免疫機能の一つである免疫細胞「ナチュラルキラー細胞」に働きかけ、活性化させることによって、この細胞が体内をパトロールして、発生してしまった異常な細胞や、侵入してきたウイルスや病原体を攻撃し、病気の発生や悪化を防ぎます。また、フコイダンには予め細胞に備わっている細胞の自然死プログラム「アポトーシス」の機能を健全に保つ働きがあることもわかってきました。ガン細胞は、このアポトーシスが上手く働かずに、際限無く細胞が繁殖してしまう為に広がってしまいますが、フコイダンによってアポトーシスへと誘導されることによって、ガン細胞が破壊され、発症を防ぎます。また、フコイダンの免疫力アップの効果はお腹にもいい影響を与えます。