フコイダンとピロリ菌

現代病とも言える胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌にもフコイダンは有効です。ピロリ菌とは、胃の粘膜に好んで住み着くらせん形をした細菌です。胃の中には強い胃酸があり、細菌はいないと考えられてきましたが、発見されて以来、胃の病気に深い関わりがあることが判明しました。

ピロリ菌は子供の頃に感染し、一度感染すると、除菌しない限り一生胃の中に住み続けると言われています。ピロリ菌は人にとって悪い影響を与える毒素を出し、胃の粘膜の働きを弱める為、炎症や潰瘍を発症させてしまいます。ピロリ菌は胃の粘膜に好んで住み、粘液の下に潜り込んで強い酸性である胃酸からの影響を免れています。

フコイダンのヌルヌル成分に多く含まれる硫酸基は、この人の胃の粘膜を構成している物質と同じ成分です。つまり、胃の中の硫酸基と馴染みが良く、その為、フコイダンが胃の中に入ると、ピロリ菌がフコイダンの硫酸基に取り付き、そのまま腸へと運ばれ、体外へと排出されます。薬を用いてピロリ菌を除菌することなく、フコイダンを摂取することによって、ピロリ菌は自ら勝手にフコイダンに吸い寄せられて付着し、体の外へ出ていきますので、体に負荷を与えることなくピロリ菌から胃を守ることができます。